SEPT BLEUS

BLOG

brog2015-0108

日々いろいろな変化がある中で、みなさまのおかげで帽子を創り続けていけることに感謝しつつ、今年も楽しんでいただける帽子を提案していきたいと思います。

2015年がみなさまにとって穏やかで素晴らしい年でありますように。

本年もよろしくお願いいたします。

SEPT BLEUS 松信七重

2014.06

16

2014.06.16

平田暁夫先生を偲んで

平田先生2014−6 ブログ

3月に平田暁夫先生がお亡くなりになり、3ヶ月余になります。

先月、パレスホテルで行われた平田暁夫先生を笑顔で送る会で、先生にお別れをしてきました。

本当に穏やか表情をした先生のお写真と、白い帽子がたくさん重ねられた祭壇にはグリーンと白のお花が野花のようにディスプレイされていてとても素敵でした。

なつかしい学生時代の先生や、同学年の友人などにも会うことができ、ゲストの方の平田先生へのスピーチもとても温かく、こんな風にたくさんの方に尊敬され、慕われてきた先生の偉大さを改めて感じました。奥様が、本当に平田先生はよく働いたとおっしゃっていたのがとても印象的でした。

私も自分らしく先生のように一生涯帽子製作に関わっていかれると良いなあと改めて強く思いました。

また、先生の娘の欧子さんが、これからもAKIO HIRATAの帽子を引き継いでいかれるとのこと。いつまでも、素晴らしい平田先生の帽子の技術とデザインが継承されていくことを心より願っております。きっと、天国から平田先生も見守ってくださっていることでしょうね。

今回のお別れ会には、喪服はNGで楽しい格好で、帽子をかぶってくると平田先生が喜ばれるでしょうというご案内をいただいき、とはいうものの赤のワンピースを着ていく勇気はなく無難に黒のワンピースをドレスアップして帽子をかぶり参列しました。

たくさんの方が帽子をかぶっていらしていて、著名なゲスト方々も多く、会場はとても華やかでした。こうやって、帽子を楽しむ機会があちこちに広がると素敵だなあと。先生もきっとそう思われているのではないかと思います。

帽子教室の卒業生もたくさんいらしていて、みなさんそれぞれ力作を披露されていました。こんなにもたくさん、素敵な帽子を製作できる人がいるのだから、このパワーを何かにつなげらないかしらと思ってしまいました。将来帽子を通じて何かご一緒にできればよいですねと、少し同業者のデザイナーさんとお話ししたりもしました。

私は、アトリエで実際に働いて平田先生に師事した訳ではありませんが、学校に2年間通っている間に身につけた自由な帽子作りの精神が、今も自分のベースになっていると思います。
本当にあの時期に、平田暁夫帽子学校に通えたことは幸運なことだたと思います。

平田先生のご冥福を心よりお祈りいたします。

お別れ会の間に、嬉しい帽子の依頼メールが入り、なんだか先生がご褒美をくれたような気分になりました。

brog 2014,1,1

いろいろなご縁に感謝しつつ、今年も気持ちを新たに帽子を創り続けていきたいと思います。

2014年がみなさまにとって穏やかですばらしい年でありますように。

今年もよろしくお願いいたします。

SEPT BLEUS 松信七重

BROG 2013.01

皆様の温かいお力添えにより、SEPT BLEUSはおかげさまで今年15周年を迎えます

15年の感謝を忘れずに、これからも皆様に親しみ愛される帽子「SEPT BLEUS」を創り続けていきたいと思います

2013年が皆様にとって穏やかで素晴らしい年でありますように

今年もよろしくお願いいたします

SEPT BLEUS  松信七重

2012.11

08

2012.11.08

最近の日々のこと 2012,11

あんなに暑かった残暑も嘘のように、季節は移り変わり、日も短くなり、冬支度を始める季節になりました。みなさんお元気でおすごしでしょうか?

今年は、ここ何年か、11月に開催していたスパイラルのイベントがお休みになりました。来シーズンは、また開催できる予定ですので、楽しみにしていただければと思います。

今シーズンは、デパートのフェアーも、すでに終わってしまったので、直接みなさまにお会いして販売する機会がなくて残念ですが、常設で、取り扱っていただいているお店にて、新作をご覧いただけますので、ぜひどこかで足を運んでいただければ幸いです。

brog 2112,11,8-04

 

Read more…

2012.03

16

2012.03.16

最近の日々のこと 2012,3

今、4月の展示会に向けて、秋冬の新作の製作を始めているところです。

実際に製作する物質的な時間はもちろん大切なのですが、いろいろ試行錯誤したりする中で、気分転換に、全然違うことをするのも、実はとても大切な気がします。

Exif_JPEG_PICTURE

Read more…

BROG 2012,104

みなさま、いつもありがとうございます。

昨年は、改めて色々なことを考え、価値観が大きく変わる1年であった気がしています。今年も、平穏に過ごせる毎日に感謝をしつつ、マイペースに帽子製作を続けていきたいと思っております。

2012年がみなさまにとって穏やかで素晴らしい年でありますように。

Read more…

2011.04

10

2011.04.10

毎年、桜が満開の時期は、展示会の前で、余裕がなく、外に出られずにいることが多いのですが、今年は、展示会が1週間遅くなったこともあり、桜を楽しんでいる気がします。

ブランドを始めた頃は、実家の作業をする机から目の前にある公園の桜の木が見えるので、毎日、窓越しに、お花見しながら製作をしていました。毎日見ていると、つぼみが膨らんできて、桜が咲いて、そして散っていく過程を逐一みることができて、葉桜は桜餅みたいでまたきれいで、考えてみれば、一番贅沢な桜の楽しみ方だったかもしれません。

BROG 0411

Read more…

2011.03

21

2011.03.21

募金について

災害があってから、募金の呼び掛けに応じでそれぞれの人がそれぞれの形で、募金活動を続けていますね。募金の考え方は人それぞれあると思うので、自分ができる範囲で出来ることからはじめればいいのかと思いながらも、どんなところに募金するのがいいのかなあと考えていました。

日本赤十字社への募金が、一番大きいし、安心できるような気もしましたが、先日ラジオで、締め切りが9月30日というと、そこから、会議をして、どのようにお金を使うのか考えて、実際への募金が届くのは、早くても今年中になるというのを聞いて、できるならば、まずは、使い先がはっきりしていてすぐに役に立ててもらえるような団体に募金をする方がいいのではないかと個人的には思っていました。

BROG 0321

Read more…

2011.03

15

2011.03.15

2011.3.11のこと

今回の災害について、被害の大きさ重さに対して、自分の気持ちをどう書いても、言葉が釣り合わないような気がしてしまいます。

日々、流れてくる新しい情報は、現実とは思えないようなことばかりですが、しっかりと受け止めて、これからどうしたらいいのか考えて行動をしなければいけないのかなあと思っています。

地震のときは、東京で一人、アトリエにいました。ものすごい揺れがあり、棚の上から、材料の入った籠が落ち、上部のバルコニーの部分からも、帽子のスタンドがどんどん落ちてくる。本棚の本や、CDが飛び出して、大きな鏡は倒れ、キッチンもいろいろなものが散乱して、食器棚からも、もの落下してグラスや器が割れていく。ものが多く、落ちそうな飾りものも多いので、仕方がないなと思いつつも、揺れている時間はとても長く感じられて、一瞬、これで本当にもう終わりかなあと思ってしまったぐらい、おそろしかったです。

Read more…

12

PAGE TOP