SEPT BLEUS

BLOG

2011.03

15

2011.03.15

2011.3.11のこと

今回の災害について、被害の大きさ重さに対して、自分の気持ちをどう書いても、言葉が釣り合わないような気がしてしまいます。

日々、流れてくる新しい情報は、現実とは思えないようなことばかりですが、しっかりと受け止めて、これからどうしたらいいのか考えて行動をしなければいけないのかなあと思っています。

地震のときは、東京で一人、アトリエにいました。ものすごい揺れがあり、棚の上から、材料の入った籠が落ち、上部のバルコニーの部分からも、帽子のスタンドがどんどん落ちてくる。本棚の本や、CDが飛び出して、大きな鏡は倒れ、キッチンもいろいろなものが散乱して、食器棚からも、もの落下してグラスや器が割れていく。ものが多く、落ちそうな飾りものも多いので、仕方がないなと思いつつも、揺れている時間はとても長く感じられて、一瞬、これで本当にもう終わりかなあと思ってしまったぐらい、おそろしかったです。

Read more…

2011.03

08

2011.03.08

帽子デザイナーの仕事の話

先日、公立中学校の先生をしている高校時代の同級生からの依頼で、中学1年生の前で、帽子デザイナーの仕事について、話をする機会がありました。

体育館で180人余りの生徒を前に、話をするということで、私のほかに、保育士さん、車掌さん、旅行代理店の営業さんという、ラインアップだったのですが、普段、あまり、接点がない他の方のお話を聞くのも面白く、また、人の話や、プレゼーションの仕方を見て、なるほどこういう風にするといいのだなあということも分かり、なかなか勉強になりました。

2011,3,8 BROG

Read more…

2011.03

04

2011.03.04

本にまつわるあれこれ

先日、何冊か本を貸したことがあり、喜んでくれていた友人にきっと、これ好きかなと、1冊貸したところ、「ごめん、あの本はどうしてもはいりこむことができなかった」と本が返ってきました。

母とも本を貸したり借りたりし合うので、これ友人に不評だったのだけど、一言添えてまわすと「彼女の気持ちが分かるわ。なんだか読んでいて、変な人ばっかり出て来て楽しい気持ちにならないのだもの。でも、ここまで読んで、悔しいから最後まで読んでやるわ」という意見。

BROG20110304

Read more…

...89101112...

PAGE TOP